歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スコットランドに住むイングランド人の思い

ブログ翻訳012
今回は5日後に迫ったスコットランドの独立を巡る住民投票について、
BBCの記事をひとつ選びました。


スコットランド独立
 ――スコットランドに住むイングランド人の思い――

2014年9月9日 0:20更新
By Vanessa Barford(BBC News)

スコットランドには約50万人のイングランド人が住んでおり、その大半はイギリス連合王国(UK)の維持を望んでいる。しかし世論調査では、4人に1人はスコットランドの独立に賛成票を投じる見込みであることが示唆された。307年に亘る連合に終止符を打とうと、熱心にキャンペーンに取り組んでいる人々もいる。

UKの他の地域で生まれたが、現在スコットランドに住んでいる人のほとんどが、住民投票で「No(独立反対)」を選ぶであろうというのは当然だ。多くの人は今も境界線の南側とつながりがあるからだ。

23歳のロイシン・ケイは独立に反対だ。ロンドンで育ったが、昨年5月に家族とともにグラスゴーに引っ越してきた。

「私の家族は全員スコットランド人で、父はグラスゴーの生まれです。ロンドンに住んでいたころは、休暇はいつもグラスゴーで過ごしていました。でも、私はハルにある大学に通ったので、友達はイングランドにいます。

スコットランドとイングランドには固い絆があるように感じているので、スコットランドにはUKに残ってほしいと強く思っています」とロイシンは言う。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

スコットランドの公爵夫人ジェーン

ブログ翻訳007
すっかりご無沙汰してしまいました

今回は、前回と同じリージェンシー文化に詳しいレイチェルさんのブログから。
「ジョージアン時代の母親の中で一番野心的だったかも?」
というレイチェルさんのつぶやきに興味をひかれて翻訳しました。
身近にいたら困るけれど、
歴史小説やドラマで野心的な女性を見るのがけっこう好きです


ジェーン・ゴードン(ゴードン公爵夫人)(1748~1812年)
by レイチェル・ノールズ
1_Duchess of Gordon from Wraxalls Posthumous Memoirs v3 1836v2

ゴードン公爵夫人ジェーン
(N・W・ラクソール『遺稿回想録集』(1836)より)


〈生い立ち〉
 ジェーン・マックスウェルは1748年ごろ(1)、第3代モンリース(2)準男爵のウィリアム・マックスウェル卿とその妻マグダレンの娘としてエディンバラに生まれた。

 幼少期にはエディンバラのハインドフォード・クローズに母と姉妹と住んでいた。少々おてんばで、エディンバラ市街のハイ・ストリートを豚の背に乗って駆け抜けていたという逸話も残っている。

〈『ガロウェイの花』〉
 ジェーンは並はずれて美しい女性で、そのうるわしさを称えて『モンリースのジェニー』(2)という詩が作られたために『ガロウェイの花』とも呼ばれていた。

 才知があり、疲れ知らずに見えるほど活力にあふれたジェーンだったが、率直な物言いをしがちで、相手にいつも気に入られるわけではなかった。

〈華々しい結婚〉
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。