歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1770年代の巨大な髪に秘められた真実 Part2

ブログ翻訳014
前回のイザベラさんの記事の続きを訳しました
読んでも訳してもとてもおもしろかったので、
みなさんにも楽しんでいただけたらうれしいです!


1770年代の巨大な髪に秘められた真実
パート2 『髪型の作り方』

by イザベラ・ブラッドフォード
twonerdyhistorygirls.blogspot.com
2014年7月24日

イザベラがお伝えします。

1770年代の女性のそびえ立った髪型のことを考えるとき、否応なく浮かんでくるのは「どうやって作っていたのだろう」という疑問です。その答えを、コロニアル・ウィリアムズバーグの二人の友人、マーガレット・ハンター・ショップで仕立て師見習いをしているアビー・コックスとサラ・ウッドヤードに聞いてきました。
1_SarahW_ hat

この若い女性たちは日ごろから1770年代の服装をしているだけでなく、できる限り「本物」らしく見せるために常に当時を研究しています。ファッションを生業としていた18世紀の帽子職人や仕立て師、その店の助手たちは、個人的な好みとしてだけでなく商売の宣伝として最新スタイルの衣装を身に着けていました。その様子は版画に見ることができますが、下の絵の帽子職人たちは髪も帽子も凝っています(先日のカンファレンスでマーガレット・ハンター・ショップがこの版画を再現した様子はこちらから。もっと大きな髪型もあります!)。

2_Screen Shot 2014-07-23 at 103543 AM

アビーは見習い業務の一環として、一次資料や版画でこのような髪型やジョージ王朝時代のヘアケア全般の秘密を調べてきました。ここでアビーの発見のごく一部をご紹介しましょう(共有してくれたアビーにとても感謝しています!)。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

1770年代の巨大な髪に秘められた真実 Part1

ブログ翻訳013

今回は、Twitterの@2nerdyhistorygirlsというアカウントで紹介されていて
おもしろいなあと思った記事を翻訳します。


1770年代の巨大な髪に秘められた真実:パート1
by イザベラ・ブラッドフォード
twonerdyhistorygirls.blogspot.com
2014年7月22日

イザベラの報告です。*1

1_Duchess of Beaufort

18世紀の女性ファッションに疎い人でも知っているのが髪のこと。そびえ立ったヘアスタイルに蛆虫のわいたかつら、鼻をむずむずさせる大量の髪粉のことなら誰もが知っています!

とはいえ、この描写は必ずしも正しくありません。蛆虫だらけのかつらや、肋骨の折れるコルセット。過去のファッションに関するこのような否定的な作り話は、「2014年にいる私たちの方がずっと賢い」という自己満足を与えてくれるため、人々に受け入れられやすいのです。
PageTop

なぜわたしたちは笑うのか?

ブログ翻訳009
なんだか哲学的なタイトルですが、そうではなく、
写真史と笑顔についての論文を紹介している文章です。

新しくアメリカのキャロル・ボーデンスタイナーさんに許可をいただいて訳しました


なぜわたしたちは笑うのか?
2013年8月5日 キャロル・ボーデンスタイナー

 写真を撮るために一列になり、誰かの「ハイ、チーズ!」の声でみんなが笑顔になる。反射的にこうしているだろう。だが、かつては必ずしもそうではなかった。1900年以前、笑顔の写真は極めてまれだったのだ。

GW-Lydia-Haylock-c1890W-221x300.jpg
わたしの曾祖父母(1890年頃)

 執筆中の第一次世界大戦時代の小説のために20世紀初頭の写真を調べていたとき、わたしはある興味深い論文に行き当たった。クリスティーナ・コッチェミドヴァ博士による『 "ハイ、チーズ" の理由――スナップ写真の笑顔の創造――』という論文だ(論文の全文を読むにはこちらをクリック)。
(訳注:リンク先は英文です。また、2ページ目以降を読むには会員登録と費用が必要です)

 19世紀の写真は、なぜしかめ面ばかりなのか。コッチェミドヴァ博士の挙げた理由は――
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。