歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中世のペットの名前

ブログ翻訳003
今回は中世の動物に関する記事です

ペットの話は古今東西を問わず人気のようで、
MEDIEVALISTS.NETではこの記事にアクセスが殺到してサイトがダウン。
管理者ピーターさんはEARLY MODERN ENGLANDに同じ記事を掲載し直したそうです。

原文に意味が書かれていない名前には、文末におまけで意味を記載しました。

2013/7/25リンク修正、画像&おまけ2追加


中世のペットの名前
中世の人々は、犬、猫、鳥、猿などさまざまな動物をペットとして飼っていた。狩りやねずみ捕りをさせるために飼われることも多かったが、多くの記録からペットと飼い主のあいだの深い愛情が伝わってくる。

中世の様々な文書や書物のあちこちに、人々がペットに名前をつけていたことが記されている。

中世の犬の名前
英国でつけられていた犬の名前には、スターディ、ホワイトフット、ハーディ、ジャケ、ボウ、テリーなどがある。ヘンリー八世の妃のひとりアン・ブーリンの愛犬の名はパーコイだ。何にでも興味を持つ犬だったので、フランス語の“pourquoi”(なぜ?)という言葉から名前をとったという。
medievalpetnames-300x246.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

中世史家に世界でハグを

ブログ翻訳002
今回はMedievalists.netからインタビュー記事をお送りします。

今年の3月の記事ですが、中世史を愛する海外の人たちの姿が見える記事なので
このブログでもご紹介したいと思いました。
歴史にわくわくする気持ちは海を越えても同じですね。

中世写本の画像も見ていて楽しいです。


3月31日は「メディエバリストにハグする」記念日です! 
そう、わたしたち中世史家(メディエバリスト)にもちょっとした愛情は必要なんですよ。
中世愛好家のあいだでは2011年からこの日を祝っています。
文芸週刊誌『ニューヨーカー』にも取り上げられました。

「メディエバリストにハグする日」を考案したのはサラ・ラセック。
オックスフォード大学の修士課程で中世文学を学ぶ学生です。
Medievalists.netでは、この記念日をどのように始めたかサラにインタビューしてきました。

SarahLaseke-e1364660404864-375x500.jpg
PageTop

キャサリン・オブ・アラゴン

ブログ翻訳001

記念すべき第1回目は、充実した歴史サイトEarly Modern Englandから、
ヘンリー八世の最初の王妃、キャサリン・オブ・アラゴンの生涯についての記事をご紹介します。

アーリー・モダン・イングランドの管理者ピーターとサンドラにご快諾いただき、
お二人の管理しているサイトから翻訳した記事を計4本お届けする予定です。
お楽しみに!



「キャサリン・オブ・アラゴン」
(スーザン・アバネシー著)


 数年にわたる薔薇戦争の凄惨な混乱を経て、ランカスター家がついに勝利を掌中に収めた。ウェールズ生まれの王族の子孫であり、母マーガレット・ボーフォートからランカスターの血を受け継いだヘンリー・チューダーが、1485年、ボズワースフィールドでヨーク家のリチャード三世を打ち倒したのである。1486年1月18日、ヘンリー七世は、リチャード三世の姪でありエドワード四世の娘であるエリザベス・オブ・ヨークと結婚する。こうしてランカスター家とヨーク家は統合され、ヘンリーによって英国に安寧の日々がもたらされた。

CatherineofAragon-241x300.jpg

 ヘンリー七世と王妃エリザベスの間には、1486年9月20日に長子アーサーが、1491年6月28日に次子ヘンリーが誕生した。ヘンリー七世の英国王位継承権には疑惑の目が向けられており、一部にはヘンリーを簒奪者と呼ぶ声もあった。自分の立場を確固たるものとし国力を高めるため、ヘンリーは息子たちの結婚相手を国外から探し出した。ヘンリーが長子アーサーの妻に選んだ女性が、キャサリン・オブ・アラゴンであった。
PageTop

翻訳記事の著作権について

本ブログの「翻訳記事カテゴリ」では
原著者にご了承をいただいた読み物を翻訳して掲載しています。

コンテンツの無断利用は
原著者の方々の著作権の侵害となりますのでご遠慮ください。

訳文の著作権は訳者に帰属しますが、原著者のみなさまの権利を守るため、
訳文の流用もあわせてご遠慮いただきたいと思います。

引用元のサイトや原著者等は、各記事の最後に記載しています。

I really appreciate the authors and webmasters who gave me permission to re-use their contents on my blog.
With respect to their authorship, I will introduce them to the audiences;

Peter Konieczny and Sandra Alvarez MEDIEVALISTS.NET

Rachel Knowles Regency History

BBC

Isabella Bradford TWO NERDY HISTORY GIRLS

New authors will be added more!

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。