歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウォーカーズのショートブレッド

Walkers(ウォーカーズ)のショートブレッドが好きでよく買うのですが、
ジェーン・ゴードンについて訳していたときにパッケージを見ていてふと思ったこと。

この人、ジェーン・ゴードンに似てない?
walkers2.png

英語版Wikipediaのジェーンのページの画像と似てるような…
Jane_Duchess_of_Gordon_in_green_riding_dress_by_Daniel_Gardner_around_1775.jpg

服装が似ているし(ただグリーンなだけ?)、
キルト姿の男性に挨拶を受けている姿が
ゴードンハイランダーズの兵士徴募の場面を彷彿とさせます。

Walkersの製品でよく見る図柄なので
すぐに由来がわかるかと思ったのですが、
ネット上では情報にたどりつけませんでした。
Walkersのサイトにも特に説明はないようです。
Walkersにメールで問い合わせてみましたが、今のところ回答は届いていません。
(回答いただきました!)

ジェーンの記事を書かれたレイチェルさんにも尋ねてみましたが、
この女性が誰かは聞いたことがないとのこと。
老舗のお菓子なので
お膝元のスコットランドや英国では知られているかなと思っていましたが
意外とそうでもないようです。

特に誰というわけではなくて
典型的なスコットランド紳士+淑女のイメージ図なのでしょうか。

Walkersの設立は1898年でジェーンは1812年に亡くなっているので、
ジェーンがWalkersのショートブレッドを気に入っていたというエピソードはありえませんが、
ハイランド文化を花開かせたジェーンに敬意を表して
製品のキャラクターにした可能性はあるかも?と思ったり。


追記
この話をツイッターでつぶやいたところ、
「フローラ・マクドナルドとボニー・プリンス・チャーリーだよ」
という情報をいただきました!

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

『産業翻訳者が出版翻訳の世界に踏み出すには』

齊藤貴昭さんのYouTube配信「翻訳横丁の裏路地」で、
『産業翻訳者が出版翻訳の世界に踏み出すには』
という動画を拝見しました。



出版翻訳を学んで4年になる私ですが、
今後のキャリアパスを考え
産業翻訳に方向転換することを検討し始めたところだったので
とても興味があるテーマで、メモを取りながら拝聴しました。

・産業翻訳者が出版翻訳の世界に踏み出すための方法
 =自分の好きな本の企画書を情熱をもって書き上げて出版社に持ち込む

・版権:原書の出版から2、3年経っていて未邦訳であれば版権が取られていないことが多い
(出版期限=版権をとったら一年半以内に出版しなければいけない)

・出版翻訳の最中はずっと全力疾走な感じ
 産業翻訳は上下があるジョギングペース

・結果の出ることだけやろうとしていると結果は出ない

などなど、興味深いお話が満載でした。


聞きながら感じたのは、
結局『人と人』なのだなあということです。

初めて企画書を持ち込んでも、翻訳者としてすでに実績があっても、
仕事を振ってもらえるのはそのときに「編集者に思い出してもらえる人」。
コーディネーターと産業翻訳者の関係も同じだというご意見もありました。

思い出してもらう←印象に残る←アピールする←人と会う←営業力←自信
と思うのですが、自分に足りないものばかりです。

特に駆け出しのころは自信がないものと思うのですが、
「はったりを使ってでも売り込むのが営業力。
それがすごく下手だよね」
と夫に核心をつかれてしまいました。
「フリーでやっていくならアピールできないとだめでしょ」と。
的確すぎてぐうの音も出ません。。
就活もそれでかなり苦労しました。

秋の夜長、悩みは尽きません。
でも落ち込んでいても仕方がないので、
とりあえず今はアメリアの出版持込ステーションの今月末の締切に
レジュメを間に合わせようと思います。

『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

PageTop

レイチェル・ノールズさん自己紹介

ブログ翻訳008
記事をお借りしたレイチェルさんの自己紹介を訳しました

わたしのこと
Rachel-0253.jpg

 経済学の学位と会計士の資格では、歴史についてのブログを書くにはおそらく十分な資格ではないでしょう。

 歴史学の教授、あるいは出版書籍の作家といえたらいいのにと思いますが、残念ながらそうではありません(9歳のときに受賞した詩が『ブラウニー』という雑誌に載りましたが、これは数に入らないでしょう)。

 ともかく学校の歴史の授業は好きでしたし、家族史を30年以上研究してきました。

 昔から書くことが大好きで、ハッピーエンド中毒でもあるので、ロマンス小説を書くのに熱中するようになったのも当然です。特に摂政時代を舞台にした作品を書くのが好きです。

 一番影響を受けたのはジェーン・オースティン。13歳のときに初めて『高慢と偏見』を読み、ミスター・ダーシーだけでなくリージェンシー・ロマンスそのものにも恋してしまいました。『高慢と偏見』が大のお気に入りなのは、自分の書く物語と共通点があるからだと思います。
PageTop

レディ・ジェーン・ゴードンの周辺

スコットランドの貴族ジェーン・ゴードンについて翻訳したときに
調べたことを備忘録としてまとめてみようと思います。

〈キンラーラの邸宅について〉
ジェーンが別居後に住んだキンラーラの邸宅は今も健在。
こんなお屋敷です→Castles of Clan Gordon Wiki

敷地内にあるジェーンの墓石の写真もありました→こちら

リンク先は作家Ciji WareがFacebookに投稿している写真で、
墓碑に刻まれている言葉も書かれています。
また、Ware氏はジェーンを題材にIsland of the Swansという歴史小説を書いています。

〈スペイ川〉
変わった名前のこの川は川釣りのメッカのようで、
日本にも愛好家が多い様子。
DVDもありました→Blue Charm
DVDにはゴードン・キャッスルも出てくるようです。

〈ロバート・バーンズ〉
ジェーンが援助していたロバート・バーンズは、
『蛍の光』のオリジナルの作詞者。
『蛍の光』が日本でもなじみのある曲だからか、
ジェーンよりもバーンズのほうがよっぽどヒット数が多いです。

バーンズについてはこちらの記事がくわしかったです↓
Onlineジャーニー スコットランド最愛の息子 詩人 ロバート・バーンズ
ただし、ジェーンについての記述は一言もなし。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。