歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

環境翻訳折り返し

今年に入って受講を始めた環境翻訳の講座も
4回目の課題を提出し、早くも折り返し地点に来ました。

復習するのに気が重くなるほど
赤字でいっぱいになって添削結果が返ってきますが、
環境関連の本をあれこれパラパラと読んで
知らなかったことを勉強でき、とてもおもしろいです。

一番弱いのはやはり語彙です。
環境や実務の文書を読んでいる量が少ないので
それが訳文に響き、指摘をたくさんいただきます。

ただ、今日復習していた課題では、
訳す時の語順や文法要素の処理(たとえば分詞など)は
訳例とずれていなかったことに気がつきました。
数年前の自分だったらたぶんできなかっただろうなと思う箇所もあったので、
そこはよしとしました。
赤字の多さや添削担当の方の言葉で
アンバランスに気落ちしてしまうことが多いので、
冷静に冷静に

文芸翻訳の上級コースの選抜試験も通ったので、
ここから先はフィクションの講座と
並行して課題に取り組んでいきます。
欲張りすぎて大丈夫かな~と心配ですが、
一番興味のあるヒストリカルのクラスなので
思わず手を出してしまいました。

SNSで諸先輩方に元気をいただきながらがんばりま~す

『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。