歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

学校説明会に修了生として出席しました。

かれこれ4年ほどお世話になっている
翻訳学校のフェロー・アカデミーの学校説明会に、
インタビューを受ける修了生の立場で参加してきました。

位置づけとしては
「通信だけで勉強してプロ翻訳者になった人」だったので、
つい1か月ほど前から受注し始めたばかりの私でいいのかと思いましたが、
こうして仕事をいただけるようになったのも
フェロー・アカデミーさんのおかげなので、
思いきってお引き受けしました。

インタビューは、
翻訳学習を検討されている方向け通信講座の説明会の
後半30分ほど。

入学検討中の方々の前にもう一人の修了生の方と座り、
マイクも持って、社長さんの進行で話をさせていただきました。
翻訳に興味を持ったきっかけ、入門〜上級講座の感想、
添削トレーナーさんからいただいた具体的なアドバイスなど、
お話ししているうちになんだかこれまでの数年間を思い出しました。

また、今回一緒に修了生枠で話をされたKさんは
すでに金融分野でバリバリ活躍されている方で、
フェローの実務翻訳講座の内容から
翻訳ツール、用語集、To-doリストの使い方など、
今の私にとても為になるお話を
控え室で色々と聞かせていただいて、とてもありがたかったです。

説明会が終わった後、
前まで質問しに来てくださった方もいらっしゃいました。
修了生といっても未だに上級講座を受講中で
翻訳の仕事を始めて間もない私の話、
果たして参考になったのでしょうか。

フェローに向かう前には、
伊藤忠青山アートスクエアで開催されていた
世界環境写真展を見てきました。

20140824


せっかく東京に行くので
どこかで美術館や資料館をのぞきたいなあと思って
Twitterでおすすめをお尋ねしたところ、
ある翻訳者の方に教えていただきました。

野鳥が好きで環境翻訳も勉強中なので、
この展覧会を見に行ってよかったです。
どの写真も迫力があり、
自然の神秘から始まって
自然破壊の実態や生と死へと収束していく
展覧会の構成にも考えさせられました。

自然写真家の方たちが
自分たちの作品を何よりも説得力のある意見広告として活用し、
活発に環境保護のために行動していることを
恥ずかしながら知りませんでした。

キョクアジサシの舞、
山火事で焼け死んだうさぎの骨の下から咲いた花、
雷雨を見つめるチーターなど、
見てよかったと思う写真ばかりでした。
ナショジオ好きな方に特におすすめです。

おかげさまで
よい一日を過ごすことができました。
また明日からがんばらねば!

『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

仕事の合間に

金曜日からずっと翻訳の仕事をしていて、
今やっとひと区切りついたところです。
まだこれから見直しをするので、
数時間前の自分の訳文を読んでへこむかもしれません

IJETの後に翻訳会社のトライアルに合格し、
ついに翻訳の仕事ができるようになりました。
1年ほど前にも仕事をしたことがありましたが、
それっきりになってしまっていたので
また新たにスタートを切り直した形です。

実際に仕事としてやってみると
納期との戦いで心身ともに消耗し、
なじみのある内容ばかりではないし
量も課題より多いので難しい。
今まであこがれてばかりだった翻訳の、
仕事ならではの厳しさを改めて感じています。

悩みは尽きず、正直今は苦しさのほうが大きいくらいですが、
やっぱり仕事として翻訳ができることがうれしいです。
PageTop