歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

翻訳=製造

JTFで開かれた、テリーさんこと齊藤貴昭さんのセミナー
「あなたの翻訳は大丈夫? ~翻訳者による品質保証を考える~」を、DVDで拝聴しました。

テリーさんが製造業(メーカー)の考え方を応用されて、
翻訳という仕事の品質管理についてお話されています。

「翻訳者は職人」という表現はよく耳にしますし、
テリーさんもセミナーの中で実際にそうおっしゃっているのですが、
職人の「コツコツ地道にひとつのものを丁寧に作る」というイメージしか私の中にはなく、
職人=物を作る人、∴翻訳=製造 と意識したことがありませんでした。
(追記:テリーさんは「翻訳=製造」という表現は使われていません。
お話をうかがううちに、私が個人的にそう感じてメモしたものです)

原文を読み、訳文を書いていると、
脳みその言葉が出てくる部分ばかり意識しているせいか
すごく混沌とした作業になります。
言葉を探すためにぐるぐるぐるぐる、やみくもに思考が動き回っている感じ。
でも、「翻訳は製造」と考えると、
翻訳には実は澄んだ部分がある…というか、そうでなくてはならないのでは、
と感じました。

翻訳の品質とは、文質の良さ(「読みやすいか、文章としてきれいか」)と、凡ミス無し。
凡ミスは英語や翻訳がわからない人でも一目でわかるミス。だから怖い。
(私は「いかに美しい日本語を書くか(気持ちを入れるか)」ということばかりに意識がいって、
基本的なミス(ヒューマンエラー)をつぶすための工夫が欠けていました)

翻訳の品質を判断する条件・基準を、5W2H方式での条件マトリックスで考える。

用語の不統一、訳抜け、転記ミス、スペルミス、全角・半角の混在、言葉の誤用などの凡ミスは
最初から出さない仕組みを考える=「ぱっと知覚できる単純な仕組み」が必要。

ミスをしたらその場で修正
→修正できる環境(ツール)を作り、自分の知覚(視覚、聴覚など)をフル活用する。

人間の補完能力の高さは逆に危険。

ミスを排除するためにどこにツールを使うか。どう使うかを考える。
ツールの精度と限界、そして自分のチェックの限界を把握する。
ミスをしないため、ミスに気づくための自己鍛錬。
→自分の「品質保証フロー」を作る。

ヒューマンエラーはすべて翻訳者が保証すべき部分。

品質が保証できない仕事は断る

(このセミナーのDVDはJTFのサイトでどなたでも購入できます)


『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

調べもの

JATのアーカイブスで、深井裕美子さんの「調べ物100分勝負」という動画を見ました。

2時間の中で一番「自分に欠けていた」と思ったのは
調べ物の目的に対する理解でした。

調べ物の目的は
・誤訳していないという自信を持つため
・クライアントからの問い合わせに正確・迅速に対応するため
・知っていることの確認
であって、
・クライアントにがんばったことを訴えたり
・まったく知らないことのヒントを得る
ためではない。

翻訳での調べ物の基本のきがわかっていませんでした。

その他に
・調べ物の具体的な手順
(原文の効率的な読み方、ヤマのかけ方)

・「ヒットしなかった」というのも大事な情報

・用例を調べるためのコーパス(少納言、NLB、COCA)

も覚えておくこと。実践すること。

また、出典リストや経緯の説明などを
クライアントの意向に合わせて伝える・伝えないを判断する
(問い合わせがあったときに初めてきちんと伝える)
ということも、自分の視点に欠けていました。
相手(クライアント)のことを考えること。

このアーカイブスはJATの勉強会の様子を録画したもので
公開はJAT会員に限定されていますが、
講師の深井さんがご自身のサイトで情報を公開されています。
Research! Research! Research!


『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

PageTop