fc2ブログ

つばめ翻訳のブログ

在宅フリーランスで翻訳業をしています。翻訳の仕事、勉強、イベント、読書と言葉について書いています。

『翻訳者育成コース』を受講して

前回の記事から続けて、今回はAIBS翻訳スクールの「翻訳者育成コース」が具体的にどのような講座だったかをお伝えしたいと思います。
 
●申し込みから契約までの流れ
事務局に細かな点も問い合わせて心を決め、コースのウェブサイトから申し込みをしました。折り返し、最少遂行人数に達して開講が決定したらご連絡をいただけるとお知らせをいただきました。
 
開講決定後、受講料の支払い方法と役務提供に係る契約書についての説明がありました。この契約書には、コースの基本情報のほかクーリングオフ制度や中途解約する場合の返金方法についてもくわしく書かれていたので、安心して受講料を納めることができました。
 
●課題について
私が受講した際は初回から課題があり、開講日の10日ほどまえに事務局から原文ファイルをいただきました。分量はA4 1ページ程度。提出期限は開講日の数日前でした。
 
提出した訳文は、講師の高橋先生がWordの変更履歴記録機能とコメントを使って添削してくださり、添削済みの全員の訳文と授業用の資料が当日朝までに専用サイトにアップされました。このように、授業に関する文書(課題原文、提出訳文、添削済みの訳文、授業用資料等)の受け渡しは、すべて専用のウェブサイト経由で行われました。
 
添削された訳文は理由ごとに異なる色で要改善箇所が示され、ブラッシュアップのためのヒントなどがコメントに書かれていました。高橋先生がこのように私たちの訳文に直接赤を入れず、原文理解や日本語に対する意識を深めるための問いを投げかけ、言葉についての思索をうながすやり方で添削をしてくださったおかげで、生徒はひとつひとつの指摘について自分なりの修正案や回答を考える訓練を重ねることができました。
授業では、添削の入った状態の訳文がたたき台になります。指名されたときに沈黙してしまうのを防ぐため、授業開始までに全員分の訳文と添削内容にできるだけ目を通し、先生のコメントに対する自分なりの回答をメモしておくようにしました。
 
初回は訳文の書き手は伏せられていましたが、受講人数が4名と少なく、だれが書いた文章であるかは文体や授業内のやりとりでおのずとわかってしまうので、2回目からは提出時に答案に記名することになりました。講座内だけのこととはいえ、名前つきで自分の訳文が画面上に大きく表示されるのはなかなか緊張するものでした。
 
●授業の流れ
授業はZoomで行われました。毎回、事務局の方が冒頭に同席してくださり、高橋先生も穏やかなあいさつを交わしてすっと授業に入ってくださったのでありがたかったです。
 
授業の構成は主に、①その日のテーマの説明(配布資料に沿って)、②課題文の解説(テーマと重なるポイントがどこにあるかの説明等)、③生徒の訳文の検討(誤訳、日本語表現に注意が必要な箇所等)、の3つで構成されていました。これらの進め方の順序は回によって変わることもあったように思います。
 
上記①~③のいずれでも先生からはどんどんご指名で質問が飛んできて、一時も気を抜く暇はありませんでした。時には他の方の訳文の課題点について意見を聞かれることもありました(ここの何が間違っているか、どうすればいいかを説明するなど)。先生に聞かれたときに自分なりの考えを言語化できるか、問われた内容をこれまできちんと意識していたかが突きつけられる、刺激的な2時間でした。
 
授業用の資料は、毎回かなりのボリュームがありました。というのも、授業各回のテーマが「翻訳を勉強する」「英文をしっかり読む」などとても大きなくくりになっていて、まるで翻訳フォーラムのシンポジウムで話されるような内容だったからです。テーマに関する推薦図書も先生がたっぷり用意してくださっていたので、資料は何ページもありました。資料の印刷は生徒に任されていましたが、私は授業のスピードについていきながらメモを取れるよう毎回印刷して、そこに先生のお話のポイントや自分が意識していなかった点などを書き込んでいました。
 
高橋先生は、「翻訳とは何か」「翻訳者に求められる姿勢」といった大きなくくりから、原文の単語ひとつ・訳文の助詞ひとつに至るまで、鳥の目と虫の目の両方を駆使するようにして縦横無尽に翻訳についてご指導くださいました。翻訳フォーラムのシンポジウムと個人添削が組み合わさったこのような講座は、ほかにはなかなかないと思います。
 
●受講したその後
この講座を受けたから急に「翻訳ができるようになった!」とは思いませんでした。むしろ、自分に足りないところ、これから改善が必要なところが明確になり、「自分はまだまだだな」と感じました。先生のご指摘や他の方の訳文や発言を見聞きして、自分の至らなさに赤面したことも一度や二度ではありませんでした。一方で、受講期間中に授業以外で高橋先生からフィードバックをいただく機会が複数回あり、いまの自分が箸にも棒にもかからない状態ではなく、今後の研鑽次第で翻訳者としてもっと仕事をしていける可能性があることもわかり、大きな心の支えとなりました。
 
本講座を受講して、「プロとは素人が意識していないものを意識する人なのではないか」と思うようになりました。例えば音楽家、建築家、経理、事務、デザイナーなど、どんな職業・分野でも「プロは意識している」のではないかと。翻訳者であれば、「この単語をどう訳すか」という翻訳スキルを知っているかはまず前提として、ソース言語とターゲット言語の冠詞ひとつ・助詞ひとつ・句読点ひとつを意識すること。そういった隅々まで意識して、「ここは本当にこう訳していいのか」を何百万回も検証し、その度に辞書をひき、コロケーションを確認し、事実関係の裏取りをし、読み手に間違いなく書き手の書いた情報が届くかを考える人。それが翻訳者なのだと思いました。
 
翻訳とは何か、翻訳者とは何かが自分のなかに浮かび上がり、実際の訳し方も同時に学べる講座です。本当に実のある翻訳の勉強がしたい方におすすめいたします。
 
翻訳者育成コース」は今春も開講予定とのことで、明日(4月4日)まで申し込み受付中だそうです。検討中の方に届きますように。
 
(*高橋先生が副会長を務めていらっしゃる日本翻訳連盟[JTF]をはじめ、通訳翻訳関連の4団体が詐欺まがい翻訳講座について注意喚起の声明を発表しています→こちら
 
翻訳は、語学力不問でAIを使ってできる仕事ではありません。翻訳を学ぶ機会を探すためには、本当の翻訳力につながる講座かどうかを見極めることが大切だと感じています。)
お読みいただきありがとうございました。
読んだよ代わりにポチッといただけるとうれしいです。
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop