fc2ブログ

つばめ翻訳のブログ

在宅フリーランスで翻訳業をしています。翻訳の仕事、勉強、イベント、読書と言葉について書いています。

最近読んだ本:『楽園のカンヴァス』

原田マハさんの『楽園のカンヴァス 』を読みました。原田さんのペンネームがゴヤの《裸のマハ》に由来していると聞いたことはありましたが、どのような作品を書かれているのかは詳しくは知りませんでした。冒頭を読んでみるとあっという間に引き込まれ、子どもが家にいる土日にも家事のついでにこっそり別室に行って読みふけりました。

読み始めたときは、静謐な地方都市の美術館を舞台に、監視官として働く女性とその娘の小さな世界が語られていくのかと思っていましたが、あるページを境に物語は一変します。海を越えて、時を越えて、ルソーの作品《夢》を中心に複数の人生がつながっていきます。

《夢》はどこかで見たことがありましたが、ルソーのことは詳しく知りませんでした。「素朴派」と呼ばれる彼の作品は、ルネサンス絵画のようなバランスの取れた美とは真逆に位置しているような印象を受けます。私のような美術の素人からすると、わかりにくい作風であるような気もします。『楽園のカンヴァス』は、そんな作品を残したルソーの生き方があってこその物語で、ほかの画家が題材であったなら、こういう本は書かれなかったのではないかと思います。

この本を読みながら、以前見た映画『ミッドナイト・イン・パリ』が度々頭に思い浮かびました。

この作品は、ルソーが生きた時代より10年ちょっと遅い1920年代が舞台ですが、ピカソを中心に芸術家たちが集まる様子は『楽園のカンヴァス 』と共通しています。ピカソの触るとビリっと感電しそうなエネルギーの対極にいた人物であったらしいルソー。ピカソがルソーに注目していなかったら、今ごろルソーの作品はどうなっていただろうかと考えます。歴史のなかに埋もれていたでしょうか。

『楽園のカンヴァス』は美術界を舞台にしたサスペンスでもあり、爽快なスピード感もあって、読書の楽しさを味わいました。サスペンスといっても、他人の手によって人が亡くなる場面はありません。フィクションもノンフィクションも、読んだり見たりするのは好きなのですが、登場人物の感情に共感してストーリーに没入するあまりエネルギーを吸い取られてしまうことが多いので、本作のように死や肉体的な痛みと距離を置いて謎解きを追える作品は私にとって貴重です。余計なことを考えずに楽しむことができ、読み終わるとエネルギーが体内・脳内に蓄えられたような気がしました。「いい本を読んだなあ」と、楽しさをかみしめた1冊でした。

読んでくださってありがとうございました。
読んだよ代わりにポチッといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

『楽園のカンヴァス』

私も大好きです!!静かな情熱が燃えているような作品でとっても好みでした。読んだのは結構前なのですが、おさやさんの紹介・感想を読んだら再読したくなって先ほど掘り出しました!「海を越えて、時を越えて」「複数の人生がつながって」……ロマンありますよね。
『ミッドナイト・イン・パリ』は知らなかったので今度観てみます♪


>「家事のついでにこっそり別室に行って読みふけりました」
ふふふ、背徳感と高揚感が伝わってきました。どうしても今これを読みたい!!と思える本との出会いって素敵ですね♡♡

Maasa | URL | 2022-08-29(Mon)00:18 [編集]


Re: 『楽園のカンヴァス』

Maasaさん、コメントをいただきありがとうございました!

『楽園のカンヴァス』、私の感想をお読みになってまた本棚から取り出してくださったなんて、書いた甲斐がありました……! 思わず感想を書きたくなってしまう本についてだけブログ記事にしているのですが、感想を書く(良さや自分の感じたことを人に伝える)のにいつも難しさを感じています。それだけに、Maasaさんのお言葉がとてもうれしかったです。

このところ、よくスマホのKindleで読書をしていますが、その後押しをしてくださったのはMaasaさんなんですよ。以前、Maasaさんが子育てと翻訳両立の一工夫として、「寝かしつけのときにスマホで本などを読むことも」と書かれていたのを拝読したのがきっかけです。できれば紙で読みたいけれど、そこにこだわっているといつまでも読書量が増えないなと思いまして。『楽園のカンヴァス』のような味わい深い本は特に紙で読みたいのが本音ですが、子どもが脇で寝ていても暗いなかで読み進められるのは利点のひとつですね。

『ミッドナイト・イン・パリ』、タイムトリップするという設定なので、完全なるファンタジーとして楽しめてお勧めです。

おさや | URL | 2022-08-29(Mon)10:07 [編集]