fc2ブログ

つばめ翻訳のブログ

在宅フリーランスで翻訳業をしています。翻訳の仕事、勉強、イベント、読書と言葉について書いています。

ジャパンナレッジに入会しました。

大変たいへん遅ればせながら、JTFの会員特典を使ってジャパンナレッジに入会しました。

翻訳していると、そのままカタカナにしてよいか迷う名詞が出てくるときがあります。カタカナで意味が正しく伝わるか、言い換えればそのカタカナ語が日本社会に定着しているかを確認するひとつの方法として、ジャパンナレッジを全文検索するといいと聞いたことが、このタイミングで申し込む直接のきっかけとなりました。

今までは、手元の辞書に加え、コトバンク、国立国語研究所のコーパス少納言、Googleブックスでの書籍検索、ニュース検索などでカタカナ語の浸透具合を確認していました。が、収録されている出典の刊行年が少し古くてヒットがなかったり、逆に近年出た書籍やニュースばかりがヒットするときもあったりで、信頼できる判断材料がもうひとつ手元にほしいと思っていました。ジャパンナレッジでは出版社から出ている辞書や書籍を一括検索でき、ネット環境があればどこからでもアクセスできるので、自分の翻訳環境がより安定したなと感じています。

ジャパンナレッジの個人向けプランは、基本のJKパーソナルと全コンテンツが使えるJKパーソナル+Rの2つあります。少し迷いましたが、コーパスとしても使っているのに第5版しか所有していなかった『ビジネス技術実用英語大辞典(うんのさんの辞書)』の第6版が含まれているのが決め手になって、+Rを選びました。

また、小学館の『使い方の分かる 類語例解辞典』が入っているのも個人的にはうれしい点でした。この類語辞典は、似ている訳語の微妙な差異を確認するときにとても頼りになり、毎日使っているのですが、CD-ROMなどでは販売されておらず、データ版はジャパンナレッジと古い電子辞書でしか入手できないのです。生産終了したPASORAMAでいまだにひいている身としては、PASORAMAが万が一だめになったときの安全策を手に入れたという点でも、ジャパンナレッジに申し込んだ意味は大きいなと思っています。

読んでくださってありがとうございました。
読んだよ代わりにポチッといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する