fc2ブログ

つばめ翻訳のブログ

在宅フリーランスで翻訳業をしています。翻訳の仕事、勉強、イベント、読書と言葉について書いています。

最近読んだ本:『点子ちゃんとアントン』


『ふたりのロッテ』を子どものころに読んだことがあり、エーリヒ・ケストナーの名前にはなじみがあったため、『点子ちゃんとアントン』もすでに読んだような気がしていましたが、実際に開いてみると初めて読む物語でした。

怖いもの知らずで、ちょっぴりおせっかいで、おしばいが大好きな点子ちゃん(トットちゃんみたいな女の子だなと思いました)。観察眼があって、器用で、責任感の強いアントン。二人に共通しているのは、大きくはばたく想像力と、間違っているものは間違っていると誰に対してもはっきり伝える勇気があるところ。でも、典型的な優等生というわけではなく、作者のケストナーはこの二人に苦言を呈してもいます。ケストナーにピリリとした一言を言われているのはほかの登場人物たちも同じですが、アントンのお母さんだけはそれを免れています。訳者の池田香代子さんは、ケストナーが自分の母を投影していたために、アントンのお母さんには厳しいことを書けなかったのではないかという意味のことを、あとがきに書かれていました。

ケストナーは各章の末尾で、登場人物たちに対する客観的な評価や、物語と実社会を橋渡しするようなコメントを「立ち止まって考えたこと」として記しています。この部分は物語の本筋とは別であって、苦痛に感じるようなら飛ばしてかまわないのだと子どもたちにはっきりわかるように、フォントを小さくして印字するよう印刷会社の人に頼んだとまえがきに書いてありました。

全16か所あるこの「立ち止まって考えたこと」の内容が、大人になってから読むと実に胸に刺さりました。自分のことを言われているようで恥ずかしくなったり反省したり、今の日本にも言えるような気がして思いをはせたり。途中、大人になった自分が「さて、今のきみはどうなんだ?」と問われているような気持ちになり、読み続けるのが少し苦しくなりました。でも、おちゃめな点子ちゃんと頼もしいアントンに手を引かれるようにして、最後まで読み通すことができました。

そして、たどりついた最後の「立ち止まって考えたこと」には、自分が子どものころに思っていたこと、そして今、ククを育てながら感じていること、いつかはククにこんなふうに伝えたいと思っていることがつづられていました。その「立ち止まって考えたこと その16 ――ハッピーエンドについて――」より、一部を引用します。

 ところで、みんなはこのことから、じっさいの人生でも、この本とおなじように、ものごとはいつも、こうあるべきだというふうに運び、こうあるべきだというふうに終わると思ったかもしれないね! そうでなければならないし、わきまえのある人びとは、そうなるように努力はしている。でも、いまはそうはなってない。まだ、そうはなってないのだ。
 むかし、クラスメイトがいて、そいつはいつも、となりの子をカンニングしていた。そいつが罰をくらったと思った? ちがうんだ、そいつがカンニングした、となりの席の子が罰をくらったんだ。だからみんなは、ほかの人のせいで罰をくらっても、そんなに驚いていてはいけないよ。それよりも、みんなが大きくなったとき、世界がましになっているように、がんばってほしい。ぼくたちは、充分にはうまいこといかなかった。みんなは、ぼくたちおとなのほとんどよりも、きちんとした人になってほしい。正直な人になってほしい。わけへだてのない人になってほしい。かしこい人になってほしい。
 この地上は、かつては天国だったこともあるそうだ。なんでも、できないことはないんだ。
 この地上は、もう一度、天国になれるはずだ。できないことなんて、ないんだ。
『点子ちゃんとアントン』191-192ページより

私も子どものころは、まっとうに生きていれば「ものごとはいつも、こうあるべきだというふうに運」ぶものだと思っていました。でも実際に生きているとそうでないときもあるのだと、この年になると知っています。

「みんなが大きくなったとき、世界がましになっているように、がんばってほしい。ぼくたちは、充分にはうまいこといかなかった。」というケストナーの言葉には、自責と謝罪が込められているように感じます。続く子どもたちに向けた激励の響きは切実です。

この作品が書かれた当時、ドイツではナチスが台頭し始めていたことを考えると、ケストナーの感じていた切迫感と私が抱えている漠然とした不安を比べるのも不遜かもしれませんが、自分も同じようなことを感じる瞬間があるなと思うのです。

ククがいなかったころは、景気や政治をはじめとする世の中の仕組みについて友達と嘆き、ブツブツ文句を言ってはそれで終わっていました。でも、子どもができると、嘆いて終わってしまうのはちょっと違うのではと思うようになりました。ちっぽけな自分ひとりで何かを大きく変えることは難しいけれど、この先にある世の中をちょっとでもましにしてから子どもに手渡したい。もう遅いかもしれないけれど。

でも、たぶん、ケストナーが願っていたのはそんな大風呂敷ではないのだろうとも思います。点子ちゃんの両親であるポッゲ夫妻や、アントンの先生に対する苦言にそれを感じます。「世の中ではなく、まずは家の中だよ。目の前の子どもと、自分のそばにいる人たちをよく見て」。小さめのフォントで書かれた「立ち止まって考えたこと」と飛ばさずに読むと、ケストナーがそんなふうに言っているように思いました。

読んでくださってありがとうございました。
読んだよ代わりにポチッといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する