歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初納品しました。

このたび、初めての英日翻訳案件の納品をしました。

ボランティアでなくチェック案件でもない、翻訳の納品です。
2010年7月に通信講座で入門クラスを取り始めてから約3年、
目標のひとつを達成できました。

案件はアメリカの人種問題に関するものでした。
高校時代からの自分のテーマともいえる内容をやらせていただき、感無量です。

ビジネス文書を主に取り扱っている翻訳会社が
こんな案件をお持ちだとはまったく思っていなかったので、
打診をいただいたときには目を疑いました。

アメリカの歴史、人種問題、しかもヒスパニック。
わたしが勉強してきた内容は本当にニッチなもので、
就職活動のときにもマイナーすぎてアピールしづらいことを痛感しました。

翻訳会社に提出する登録書に得意分野を書くときにも、
「特許や技術に需要の多いビジネス翻訳業界で
米国史を得意分野として書くのはどうなのか」と思っていました。
が、わたしにはほかに得意といえるものもなく、
腹を括って提出しました。

それから2年以上が経ち、思いがけず今回の打診をいただきました。
翻訳会社の方はおそらく、
わたしの登録書の
「米国社会史、エスニシティ、大統領選」
などのキーワードに目を留めて、案件を割り振ってくださったのだと思います。
実務翻訳の経験がほとんどないわたしに
この貴重な案件を任せてくださったことに、本当に感謝しています。

その思いにこたえるべく
今の自分にできることはすべてやって納品しましたが、
果たしてどうだったでしょうか。
全力を出したといっても
やればやるほどに自分に足りないものが見えてきて、
「この仕事が終わったら、あれもこれも勉強し直さないと」
とメモをとりながらの作業でした。

チェック案件の経験はありましたが、
翻訳案件そのものは初めて。
ボランティアで翻訳の謝礼をいただいたこともありましたが、
翻訳会社からの正式な翻訳の受注はこれが初めて。
胃が痛くなるような数日間でした。

米国史や人種問題のテーマの翻訳は、
学術や出版翻訳の世界に入らなければできないのではないかと思っていました。
「一生の間にいつか一度でもアメリカのマイノリティに関する文書が訳せたらいい」
くらいに思っていました。

初めての納品で自分の一番力の入れている分野の案件にたずさわることができ、
本当にうれしく、ありがたかったです。

今はまだ舞い上がっているのだと思います。
早く地に足をつけて、勉強すべきものを勉強して、
次の案件の打診をいただいたときには
もっとしっかりお役にたてるよう
またこつこつ続けていこうと思います。

『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして

はじめまして。

出版翻訳の勉強をしておりますSanaと申します。
私も最近ブログをはじめて、ブログランキングでおさやさんのブログを見つけ、すてきだなぁと思って拝見しておりました。

翻訳に携わる身として(といっても、私は本当にまだまだ駆け出しのひよっこなのですが・・・)おさやさんの翻訳に対する真摯な姿勢と幅広い歴史に関する知識に、大変刺激を受けました。(ロイヤルベビーの記事、とっても興味深かったです!)

益々のご活躍をお祈りするとともに、ブログの更新を楽しみにしております^^

Sana | URL | 2013-09-04(Wed)14:38 [編集]


こんにちは

ブログ村からおじゃましています(^^)

初納品おめでとうございます。
私もまだ医薬翻訳者のたまごなので、最初に案件頂いて納品するまでは、かなりプレッシャー感じました(~_~;)

人種問題やそれに伴う人種差別などについては、私も以前から興味があって、海外に住んでたこともあるので、自分がマイノリティーの一人であるということを肌で感じることも多々ありました。

これからも希望の案件が増えると良いですね!

わさび | URL | 2013-09-04(Wed)15:28 [編集]


Re: はじめまして

Sanaさん

はじめまして。コメントを書いてくださってありがとうございます!
私は通信講座でずっと勉強をしているので
翻訳仲間の方とお話する機会がなく、
こうしてやりとりさせていただけるのがとてもうれしいです。

ロイヤルベビーの記事、読んでくださってありがとうございました!
私の歴史知識は浅いうえに偏ってもいるので、
そんなふうに言っていただけるにはまだまだほど遠いんですよ~。

私は「駆け出し未満の歩き出し」くらいですが、
また翻訳について色々とお話できたらうれしいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

おさや | URL | 2013-09-04(Wed)19:13 [編集]


Re: こんにちは

わさびさん

はじめまして。コメントを書いてくださってありがとうございます!
Sanaさんへのコメントにも書きましたが、
翻訳者の方と話す機会がとても貴重なので、
こうしてやりとりさせていただけるととてもうれしいです。

納品までは夢見も悪くなるほどのプレッシャーがありましたが、
なんとか無事に納めることができ、
今はちょっと気が抜けています…。

わさびさんは海外での生活経験をお持ちなんですね。
うらやましいです!
私は恥ずかしながら計2か月弱しか海外経験がなく、
肌で実感したマイノリティー感覚というものが幸か不幸かありません。
人種問題について調べていると
実感がないために偏った見方をしてしまうことも多々あり、
当事者ではない自分の立ち位置を改めて考えないといけないなあと
思うこともあります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


おさや | URL | 2013-09-04(Wed)19:26 [編集]


お返事ありがとうございます

お返事ありがとうございます。

私も翻訳は大学の頃学んだきり、現在は自宅で独学でやっているので、こうして同じお仕事の方とお話しさせて頂く機会はとっても貴重で、大変うれしいです。

普段パソコンとにらめっこで、横のつながりを持つのが難しい仕事のぶん、こういうご縁は大切にしたいなと思っております。

アメリカの女性作家が描く現代小説が好きでよく読むのですが、歴史背景が分からず??となってしまうことが多々あります。
おさやさんのブログで勉強させていただこう!

今後ともどうぞよろしくお願い致します^^










Sana | URL | 2013-09-05(Thu)10:55 [編集]


Re: お返事ありがとうございます

Sanaさん

お返事ありがとうございます!

大学のころって自分と興味が似ている友人が身近にいて、
勉強するのも楽しかったですよね~。
戻れるならあのころに戻りたいです^^
でもそのころは
「英語屋にはなるな」というゼミの先生の言葉を真に受けて、
翻訳や通訳の講義は全然受講していませんでした…。
それで、約10年遅れで今になって勉強しています。

在宅の仕事や独学の勉強では
ブログやツイッターなどネット上のつながりがとても貴重ですよね。
私は震災をきっかけにツイッターを始めたのですが、
プロの翻訳者の先輩方がみなさんとても親切にしてくださって、
よくやりとりをさせていただいています。

Sanaさんに歴史背景の知識をご提供できるかわかりませんが…!
そのきっかけを提供できるようなブログにしていけるようにがんばります♪

Sanaさんのブログも、楽しみにしていますv-278

おさや | URL | 2013-09-05(Thu)14:45 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。