歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウォーカーズのショートブレッド

Walkers(ウォーカーズ)のショートブレッドが好きでよく買うのですが、
ジェーン・ゴードンについて訳していたときにパッケージを見ていてふと思ったこと。

この人、ジェーン・ゴードンに似てない?
walkers2.png

英語版Wikipediaのジェーンのページの画像と似てるような…
Jane_Duchess_of_Gordon_in_green_riding_dress_by_Daniel_Gardner_around_1775.jpg

服装が似ているし(ただグリーンなだけ?)、
キルト姿の男性に挨拶を受けている姿が
ゴードンハイランダーズの兵士徴募の場面を彷彿とさせます。

Walkersの製品でよく見る図柄なので
すぐに由来がわかるかと思ったのですが、
ネット上では情報にたどりつけませんでした。
Walkersのサイトにも特に説明はないようです。
Walkersにメールで問い合わせてみましたが、今のところ回答は届いていません。
(回答いただきました!)

ジェーンの記事を書かれたレイチェルさんにも尋ねてみましたが、
この女性が誰かは聞いたことがないとのこと。
老舗のお菓子なので
お膝元のスコットランドや英国では知られているかなと思っていましたが
意外とそうでもないようです。

特に誰というわけではなくて
典型的なスコットランド紳士+淑女のイメージ図なのでしょうか。

Walkersの設立は1898年でジェーンは1812年に亡くなっているので、
ジェーンがWalkersのショートブレッドを気に入っていたというエピソードはありえませんが、
ハイランド文化を花開かせたジェーンに敬意を表して
製品のキャラクターにした可能性はあるかも?と思ったり。


追記
この話をツイッターでつぶやいたところ、
「フローラ・マクドナルドとボニー・プリンス・チャーリーだよ」
という情報をいただきました!

フローラ・マクドナルドはこんな人↓
Floramacdonald2.jpg
(英語版Wikipedia Flora MacDonaldのページより)


Walkersのサイトの社史1990~2008年のページにちゃんと書いてありました…。
おはずかしい~。うっかり見逃していました

フローラ・マクドナルドは
イングランドによるキルト使用禁止のきっかけとなったカロデンの戦いの後、
その反乱の首謀者でスコットランドの王位継承者だったチャールズ王子を
フランスへ逃がす手助けをした女性だそうです。
フローラについてはこちらの論文がくわしかったです↓
ドクター・ジョンソンと1745年のジャコバイトの乱』(筑波大学 江藤秀一教授)

翻訳に欠かせない情報収集力、
もっと鍛えねば…と反省しています。


『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。