歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第2回静岡通翻オフ会

昨日、静岡での通翻オフ会に参加しました。
9月の第1回に続き2回目です。
このオフ会のために
遠方からはるばる来てくださった方もいました。

今回はお酒&食事を楽しみながらの会だったので、
1回目以上にじっくりお話をうかがうことができました。
修行中の身には刺激が満載の貴重な機会で
私としては緊張せずにはいられなかったのですが、
プロの方々がみなさんとても温かく、
5時間ずっと楽しく過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました

興奮が醒めぬうちに、印象に残った点をメモメモ。

・翻訳ツール「Felix」がおすすめ。
翻訳者が作ったものなのでとても使いやすい。
インターフェースなどはTradosと近い。

・「かんざし」というソフトもおすすめ。
複数の辞書+ウェブサイトを一括検索できる。
PASORAMAと使うと最強!

・ツールは、取説のように繰り返しが多い原文なら使いやすい。

・情報を保護するため、翻訳を外注せずすべて社内の人員で賄う会社もある。

・数ワードなど小さい仕事に迅速に対応すると
翻訳会社にとても喜ばれる。

・静岡には翻訳学校がないので、作ったら需要があるかも??

・派遣社員での翻訳職は、企業や案件によって任される部分がだいぶ違う。
翻訳だけでなく周辺業務も担当することも。

・仕事の忙しさ、身内へのしわ寄せ

・特にだめ出しやフィードバックなどなく
翻訳会社と縁が切れることもある。
気にせず次に行く!

・他の人のすごさを感じたら「自分にはまだ伸びしろがある」と思う。

・翻訳はなぜテレビで取り上げられにくいのか。
→頭の中での作業が中心。
絵にならない?
通訳は絵になる?(マンデラ元大統領追悼会での通訳事件など)

・翻訳者がNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で
取り上げられる日は来るのか。来てほしい!

・翻訳という仕事はなぜ評価されにくいのか。
判断基準があいまい?人それぞれ?売上?
なんといっても書籍を出しているかどうかでは?

・つたない原文でも補って優れた訳文を作ることの是非
ビジネスでは必要だと思う。
文芸とビジネスでは違うのかも?

・翻訳という仕事の評価、訳文の評価、文芸書の評価、
結局は人の感じ方の違い。

・師匠の大切さ

・東海三県+静岡で翻訳者の集まりをやろう

・TwitterやFacebookを使っている翻訳者はごく一部。
名古屋にも静岡にももっと翻訳者がいるはず。

などなど。
---
共通項がある方々とわいわい話をするのは楽しいです

話をしているうちに
意外と自分の中からはっきりした意見が出てくることもあれば、
「ああ、まだこの部分は自分はわかっていないな」
と感じる瞬間も。
自分の中にあるもの、ないもの、新しく加わったものなどを
考えた会でした。

フリーランス翻訳者の厳しさ、責任、醍醐味がぐーっとお腹の辺りにきて、
「自分の腕1本で勝負している」方々が目の前にいるんだな
と改めて思いました。

修行中の私にとっては
翻訳の仕事をしている方の言葉ひとつひとつが本当に宝。
ありがたいことです。

次回は勉強会の要素も加えようかという案もあって、
またそれも楽しみです。
関東圏など、静岡以外の翻訳者のみなさんにも
いつの日かぜひお会いしたいです。


おまけ。
居酒屋でフライドポテトを頼んだら
なぜかイカの塩辛がディップのように添えられていて、
みんな目が点になりました
浜松流というわけでもなさそうです。
どうやって食べるのが正解だったのやら。


『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ポテト+塩辛

先日はお疲れ様でした。

ポテトフライ+塩辛、結構メジャーな組み合わせみたいですよ。ググると結構出てきます(笑
(それらはどれもざくっと大きめに切ったポテト+塩辛の組み合わせだったんで、あのフレンチフライとの組み合わせはどうか・・・って感じですが)

またお会いできるのを楽しみにしております。

Ryu Amano | URL | 2013-12-16(Mon)09:15 [編集]


Re: ポテト+塩辛

Amanoさん

こちらこそ、本当にありがとうございました。

Amanoさんからは「翻訳に対する世間の評価」など
特に色々と考えさせられるお話をうかがって、
とても刺激になりました。

ポテトと塩辛って意外とよくあるんですねー!
実は私、塩辛が苦手で手を出せなかったのですが、
一緒に食べてみた方は微妙~な顔をされていましたね。。

太鼓酢さんが、席に戻られてお皿を見たときは何も言わなかったので
特にびっくりしないんだなあと思っていたのですが、
翌日ツイッターにちゃんと投稿されていたのがおかしかったです(*^^*)

また次回、よろしくお願いいたします。

おさや | URL | 2013-12-16(Mon)12:10 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。