歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

IJET、行ってきました。(1日目)

6月21・22日の2日間、
東京ビッグサイトで行われたIJET-25(英日・日英翻訳国際会議)に行ってきました。

ちょっと体がおかしくなるほど緊張していたのですが
思いきって参加して本当によかったです。
2日間、会う方会う方にとても親切にしていただきました。

お話をしてくださった翻訳者のみなさん、
有意義なセッションを行ってくださったスピーカーのみなさん、
そしてIJETの実行委員会とボランティアスタッフのみなさん、
本当にありがとうございました。

自分にとっての最大のピークは
基調講演の直後、
1日目のネットワーキングランチでさっそくやってきました。
「JATTIP」という出版翻訳に興味のある方々が集まる部屋にお邪魔したのですが、
狭い部屋には30人ほどの翻訳者さんたちがぎっしり、
その半分以上が非日本語圏出身(と思われる)方々。
英語混じりで会話をしたり、全員の前で自己紹介をしたりで、
刺激的すぎる状況に文字どおり手が震えました。。
地方でパート主婦をやっていると
こんなにたくさんの人の前で話をする機会が皆無のため、
お弁当の味もわからないくらい緊張しました。

緊張の名残りでどこかがしびれたようになったまま、午後のセッションへ。
1、2日目ともに夕方まで有意義なセッションがぎっしりでした。
ここからは箇条書きで。

6/21 1コマ目
井口耕二さん(スティーブ・ジョブズの伝記などを訳されている翻訳者)
翻訳業界の未来とそのなかで翻訳者が取りうる道」。
・翻訳者対象アンケートの結果から翻訳業界の実情を分析。
単価、フリーランスの作業時間の分布などを立体的なグラフで解説。

・最低限必要な年収を確保するための単価設定、営業、値上げ交渉など、
これからフリーランスになろうかという身には参考になるお話ばかり。

・特に「値上げ交渉をするとふつう仕事は減る。
1年の作業時間が埋まる以上の量が受注できてから
仕事量を調節するために価格交渉をする」
というお話がすとんと胸に落ちた。
質問をしてくださった方に感謝。

2コマ目 「技術翻訳101
『プロが教える技術翻訳のスキル』の5人の著者のみなさんがスピーカー。

プロが教える技術翻訳のスキル (KS語学専門書)プロが教える技術翻訳のスキル (KS語学専門書)
(2013/06/15)
時國 滋夫、高橋 さきの 他

商品詳細を見る

・翻訳は情報を伝達する仕事。自分で「うまくできている」と思えなければだめ。

・英語を読んだときにどんな日本語が聞こえてくるかを大切に。

・収入=単価×速度×時間
品質・速度・持続性をある程度身につければ相性のいいクライアントがいずれ見つかるはず。

・翻訳は自己満足と対極のもの→商品としての価値

・翻訳に定訳は原則ない。文脈によって変わる。


この後は立食形式のネットワーキングディナー。
偶然同じテーブルになったみなさんに本当によくしていただいて、
ずーっとご一緒させていただきました。

新人コンテストの表彰もしていただいたのですが、
壇上に上がった後に
ずっとお世話になっている翻訳学校の方が声をかけてくださいました。
ウェブサイトでコンテストの結果を見たときに
名前で私とわかったのだとか。
長年受講しているとはいえ
通信で受けているので普段からお会いしているわけではないので、
名前だけで自校の生徒だと気がついてくださったことにびっくりしました。
事務局の方々の対応が丁寧だなあと常々思っていたのですが、
この一件でますます感激しました

その後、翻訳会社の方ともお話をすることができました。

たくさんの方と名刺を交換させていただいて、
お話をして、刺激をいただき、
そして2日目に突入です。

『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。