歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

翻訳記事の著作権について

本ブログの「翻訳記事カテゴリ」では
原著者にご了承をいただいた読み物を翻訳して掲載しています。

コンテンツの無断利用は
原著者の方々の著作権の侵害となりますのでご遠慮ください。

訳文の著作権は訳者に帰属しますが、原著者のみなさまの権利を守るため、
訳文の流用もあわせてご遠慮いただきたいと思います。

引用元のサイトや原著者等は、各記事の最後に記載しています。

I really appreciate the authors and webmasters who gave me permission to re-use their contents on my blog.
With respect to their authorship, I will introduce them to the audiences;

Peter Konieczny and Sandra Alvarez MEDIEVALISTS.NET

Rachel Knowles Regency History

BBC

Isabella Bradford TWO NERDY HISTORY GIRLS

New authors will be added more!

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こちらでもよろしく

おさやさん、こんにちは。ブログを始められたんですね。
おさやさんもナショジオの翻訳講座を受講されているんですね。私はずっとマニュアルなどの技術文書を訳してきたので、雑誌にふさわしい訳文を作成するのに苦労しています。
それでは、こちらでもよろしくお願いします。

mariko(猫先生) | URL | 2013-07-14(Sun)09:22 [編集]


Re: こちらでもよろしく

猫先生、
こんにちは。コメントありがとうございました!

ナショジオ、私は前クールを受講しました。
フィクションの講座を受講していた期間が長かったので、ノンフィクションらしい訳し方に慣れるのがなかなか難しかったです。
雑誌特有というかナショジオ特有というか、独特の文体がありますよね。

猫先生とあちこちでつながりをいただけてうれしいです。
いつか直接ご挨拶できる日がくるといいなあと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

おさや | URL | 2013-07-15(Mon)14:09 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。