歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仕事としての翻訳

実務翻訳の仕事が入るようになって1か月余りが経ちましたが、
ここに来て仕事が途切れてしまいました。
久しぶりに休めるのだから今のうちに他のことをやっておこう!と思うようにしているものの、
正直、またお声をかけていただけるのだろうかと不安です

…それはさておき、
仕事としての翻訳を1か月コンスタントにやってみたうえでのまとめを。

【課題】
・断る勇気
初めての打診をいただいて以来、仕事がもらえることがうれしくて
ほとんどの打診に対して「やります!」と言い続けていたのですが、
そのために大きな失敗もしてしまいました。

連絡をもらったときに舞い上がらずに、
スケジュールと自分の処理能力を考えて
受注できるかを冷静に判断すること。

基本のきですが、先月の一番の反省点です。

・自分の1日当たりの処理量の把握&向上
自分が1日に訳せる量はだいたいこのくらい、という数字はあったのですが。。
課題ではなく仕事としてやってみると、
商品価値を保ったうえでの自分の処理量は驚くほど少なかったです。
プロの翻訳者の平均的なスピードは1日あたり2000語(英日)とどこかで聞きましたが、
とてもとても、それには遠くおよびません

この数字をきちんと把握していなかったために、受注の失敗もしました。

すぐにはできませんが、処理量を上げることも喫緊の課題です。

・翻訳ツール、チェックツールの活用の検討
翻訳ツールを持っていないということは翻訳会社にお伝えしてあるのですが、
どういうわけか毎日のようにツールが必要な案件の打診がくるので
ここにきてようやくツールをどうするか考え始めました。

勉強をしていたのがほとんど出版翻訳だったため、
ツールのことを考える機会がないまま今に至ります。
色々情報を集めて、できれば実物を触って、
導入するかどうかを判断したいところです。

ただ、校正ツールのJustRight!は、
条件がそろえばできるだけ早く用意したいと思っています。
Wordの校閲機能とはくらべものにならないほど
細かい校正チェックができる優れものだそうです。

・秀丸のマクロの勉強
Wordの上書き保存ができていなかったことがあって以来、
保存が確実にできる秀丸で訳す作業をしています。
課題で使っていたときはただのテキストエディタとしての機能で十分でしたが、
仕事で使っていると
「この作業を簡単に済ませられるようにしたい!」と思う瞬間が多々あります。
マクロの勉強の必要も実感。

・ワークライフバランス
処理スピードが遅くて仕事に時間がかかるため、
納期を守るためのしわ寄せはすべて私生活に。
「まるでブラック企業だね」と夫に言われるほど、1日の作業時間が長くなってしまいます。
1日に訳せる語数が少ないので時間をかけるしかないのですが、
体力・気力を食いつぶすような仕事の仕方は長続きするはずがないので、これも要改善。

私の体内時計は超朝型なので
3時~7時+13時~17時の計8時間で仕事ができると理想かなあと思うのですが、
今の処理スピードだと1日8時間では納期に間に合わず、
4時起きで結局夕方までやっている日がほとんどでした。

そして、在宅仕事ならではの家事と仕事の切り離し方。
外仕事だと昼間は物理的に家から切り離されるけれど、
家で仕事をしていると、家事と仕事が団子になって襲いかかってくる感じがします。
在宅仕事の難しさを改めて感じる部分です。

・ビジネス用語の勉強
専門分野がないのでビジネス一般枠で採用していただいたというのに、
これまでビジネス書を敬遠してきた私は語彙が貧弱です。
マーケティングやIT関連など、少しずつ勉強していかないとなりません。

・自分のマーケティングとブランディング
まずはマーケティングとは何ぞやというところから知ろうと、
わかりやすそうな本を1冊手に取ってみました。

サラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほんサラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん
(2014/06/17)
庭山 一郎

商品詳細を見る


業界のことを勉強しようと思ったのに、
読んでいるうちに自分自身のマーケティングやブランディングについても考えさせられました。

私が翻訳のお手伝いをできる人はどこにいるのか、
どうやってそこにアピールすればいいのか(マーケティング)、
自分の価値は何なのか(ブランディング)など、
一度きちんと考えてみないといけないなあと思ったところです。
フリーの翻訳者は自営業かつ自分が商品だから。

課題は山ほどありますが、
ひとつひとつ考えて乗り込んで前に進んでいきたい…!
という思いは持ちながら、とりあえず今は体を休めつつ過ごしています

『読んだよ』代わりにっといただけるとうれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私もあります、受注の失敗

こんにちは、

初めましてkokoと申します、ITエンジニア兼駆け出しのIT翻訳者です。
実は私も去年、自分の翻訳ペースを顧みず大型案件を受けてしまい、身体を壊すやら翻訳会社に迷惑をかけるやらで本当に大反省でした。翻訳の仕事は納期厳守が大前提にあるのでそれって慣れてないと結構なプレッシャーなんですよね、私の場合はただの力量不足もありますが。^^;

断る勇気も必要ですけど、断ったら断ったで「あ”~、もう仕事もらえなかったらどうしよう」とか「頑張れば受けれたんじゃないか」とか思ってしまう、自分がいたり。。。(苦笑)

ただ、とにかく身体が資本なのでお互い体調管理に気を付けてがんばりましょうね。

koko | URL | 2014-09-10(Wed)17:15 [編集]


Re: 私もあります、受注の失敗

kokoさん、はじめまして。
コメントをしてくださってありがとうございます(^^)

大型案件でお身体も壊されてしまったんですね…!
量の多い案件は自分のペースを長期間保たなければいけないのが
とても難しいのではないかと思います。
私はまだ大型の経験はなくて。
小さな案件ばかりなのですが、
その分納期も短くて毎回どきどきしています。

身体が資本なのに、
この緊張感で早くも神経がすりへってしまいそうです(^^;
フリーランスのみなさんはこういう緊張感にも日ごろの自己管理にも
気を配りながら仕事をされているんですよね。
改めてすごいなあと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願いします(^^)

おさや | URL | 2014-09-10(Wed)18:34 [編集]


スピードと質

こんにちは。
スピードと質。フリーになって8年目ですが、私にとっても、依然として大きな課題です。

自分の性格も影響していると思っていますが、少し時間に追われている時の方が、集中力も高まり、質の良いものが早くできる感じを持っています。(日英翻訳専門なので、質の良いとは、フィードバックでネイティブによる修正が少ないものを意味します。)

心がけているのは、次に仕事が来るかどうか分からないので、出来上がりの質はどうあれ、目の前の仕事に全力を尽くすことです。後で後悔したくないですから。

常に自分の得意分野の仕事が来るとは限りません。案件によっては、通常ペースの1.5倍や2倍くらい時間が掛かる場合もあります(私の場合は、「金融」ですが、よく知っているのは限られた分野ですので)。

時間管理と体調管理に気を配って、細く長く(太くなれば良いのですが)やっています。

またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

takey | URL | 2014-09-19(Fri)06:46 [編集]


Re: スピードと質

takeyさん、こんにちは。ご無沙汰しております。
お変わりありませんか?

読んでくださって、そしてコメントもいただいて、
ありがとうございました。

目の前の仕事に全力を尽くすこと、
案件によって時間のかかり方が違うこと、
どれも一人反省会で考えなければいけないことばかりです。

少し時間に追われているときのほうがよいアウトプットができるというお話、
私もそうかもしれません。
だらだらと時間をかけて訳しているときには
絶対に出てこないような言葉や思いつきが、
8月にの忙しかった時期には色々と出てきました。
時間の制限がほどよいスパイスになるのかなと思いますが、
この1か月は納期がまるで激辛スパイスのようでした…。

またお会いできますように!
IJETがずいぶん昔のように思えてしまいます~。

おさや | URL | 2014-09-19(Fri)17:20 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。