歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1850年ごろのおしゃれなショップバッグ

ブログ翻訳015
久しぶりのブログ翻訳。
前回から引き続き、
アメリカのヒストリカル小説作家イザベラ・ブラッドフォードさんの記事です。

1枚の紙袋から
商人の心意気や貴族のお屋敷の持つマーケティング力が垣間見えます。

1850年ごろのおしゃれなショップバッグ
 by イザベラ・ブラッドフォード
twonerdyhistorygirls.blogspot.com
2013年10月17日(木)

イザベラがお伝えします。

ショップ(店)というものは古代のころから存在していましたが、「ショッピング」という言葉が動詞になり、購入される商品と同等の重要性を帯びた活動となったのは18世紀後半になってからのことでした。

産業革命はより一層多くの商品を生み出しただけではなく、消費するためのお金を持った買い物客が大勢いる中流階級も生み出しました。印刷技術の発達も、商店主が自分の店の商品を宣伝するためのより斬新な方法をもたらしました。19世紀の中ごろまでに、才に長けた商人たちが自分の店の名前と住所を印字した紙袋を提供し始めました。いわば歩く広告のようなこの袋は、今も地方のショッピングモールで現代の買い物客に人気があります。

1850s shopping bag

上の写真は初期の印字された紙袋で、1850年代ごろから残る貴重な物です。底にまちのある袋は、おいしいお菓子などを家に持ち帰るのに使われていたに違いありません。英国リンカーンシャーのスタンフォードで料理屋、菓子屋、仕出し屋を総合的に営んでいた店の袋で、この店は「完全認可の食堂喫茶」も謳っていました。

しかし、袋の絵はさらに多くを物語っています。優雅に着飾った淑女と紳士たち(そして同じように身なりのいい子どもたち数人)のグループが、バーリーハウスの芝地でクロッケーに興じる様子が描かれています。バーリーハウスはエリザベス様式のカントリーハウスで、ウィリアム・セシル卿、後のバーリー卿が建てた館です。後世には先祖伝来の邸宅として、彼の子孫であるエクセター侯爵が所有していました。袋の裏面には、アルフレッド・テニスン卿による『バーリー卿』と題したロマンティックな詩が印字されており、バーリー卿と館のつながりをさらに裏付けています。

質素な紙袋に貴族の館の絵をあしらったのは、市井の人々の単なる自慢だったのかもしれません。バーリーハウスは、スタンフォード近郊で最も壮麗な建築物だからです。しかし、この紙袋は「憧れ」を利用したマーケティングの初期の一例だった可能性もあります。この袋の中のお菓子を口に含めば、あら不思議、表に描かれた優雅な生活をちょっとだけ味わうことができますよ――買い物客に向けてそんなふうにほのめかしていたのです。

この袋はペンシルベニア大学図書館のキスレイク特別所蔵品・稀覯書・写本センターに所蔵されており、最近の取得品として現在展示されています(2013年12月13日まで)。キスレイクセンターのブログではそのすばらしい展示物の一部を特集しており、この中には1926年の野外伝道集会の旗や、英国の国王たちをアダムとイブまでずっと遡ることのできる、15世紀の37フィート(約11メートル)もの長さの家系図もあります。

この記事に協力してくれたペンシルベニア大学図書館のボリンジャー・フェローのミッチ・フラスに深く感謝します。

上:紙袋:J. T. ホームズ(レイト・ドーソン)料理・お菓子・仕出し、完全認可の食堂喫茶、バーミンガム、スタンフォード、セント・メアリー通り7:マーティン・ビリング・アンド・サン株式会社、1850年代ごろ、ペンシルベニア大学 稀覯書・写本図書館


出典
筆者 Isabella Bradford
TWO NERDY HISTORY GIRLS A stylish paper shopping bag, c. 1850
http://twonerdyhistorygirls.blogspot.jp/2013/10/a-stylish-paper-shopping-bag-c-1850.html
2016/1/7アクセス
Copyright Isabella Bradford All Rights Reserved.



にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。