歴史と本と翻訳と ~つばめ翻訳~

個人事業者つばめ翻訳。翻訳をめぐるあれこれを書いたり、海外記事を翻訳したりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薔薇の名前

数か月かけてぽちぽちと読み進めていた「薔薇の名前」を、ようやく読み終わりました。

1351.jpg
(画像は版元よりお借りしました)

読み始めたきっかけは、今年のはじめに原著者のウンベルト・エーコの訃報に接したこと。
そこで「薔薇の名前」の存在を知り、
歴史好きの端くれとして
これを読まないわけにはいかないだろう、と思って
読み始めました。

正直いって読みやすい本ではありませんでした。
一文が長いことが多く、文体にもとても癖があるように私には感じられました。
でも、無理やり読んでいるうちに
なんだかその「癖」が味わい深いような気がしてきました。
原文はわからないけれど、エーコ自身も癖のある書き方をしていて、
訳者はそれを忠実に再現しようとしたのかな、とも思いました。
(訳者あとがきの雰囲気もちょっと独特だったので、
この辺りは定かではありません。
エーコの文体なのか、訳者の文体なのか)

なんとか読み切ることができたのは、
下訳に取り組んでいる書籍もけっこう歯ごたえのある内容で、
その本と格闘しているうちに
最近なえていた「読書筋」が少しばかり鍛えられたからかもしれません。
「わからない」ということを脳が楽しんでいるような、
「わからない」ことをそのまま受け止める練習ができていたというか。

と言いつつ、途中の宗教論争などのところはどうしても歯が立たず、
あらすじに迷わない程度に読み飛ばしてしまった箇所もありました。

一番おもしろかったのは、
やはり謎解きの現場となる修道院の図書館の描写です。
「古書の来歴」や、ツイッターで見かける羊皮紙の落書きなどを思い出しながら
読んでいました。

写本といえば、
今、丸善日本橋店で
西洋写本と書の世界」という展示が行われているそうです。
2016年7月5日(火) まで。
羊皮紙に鮮やかなインクで描かれた絵と文字、
本当に見たいけれど、今回は上京するのが難しそう…。
もし行かれた方がいらっしゃったら、ぜひ感想を聞かせてください!

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。